• 散骨のメリットについて

    近年多くの人が行っている散骨は、生前故人が希望している場合が多い遺骨の葬法です。

    散骨とは、遺骨を埋葬することなく、遺灰にして海や山に撒く方法です。

    これはどこにでも撒いてよいというわけではなく、野山には許可されている場所、海の場合には厳密な指定はされていませんが、陸地よりある一定の距離を保ちいくつかの条件を満たしていることが前提になります。



    散骨を希望する人は、お墓を持つことで子孫がその維持管理をしなければならないことや費用面での負担などをさせたくないということから希望することが多いです。また、大自然の一因として、自然に還ることで、命の終え方を自然寄りに考えるなどもあります。



    散骨のメリットとしては、継承者に負担をかけなくて済むこと、親せきとのしがらみなどを気にする必要がないこと、夫婦そろって同じお墓に入る抵抗がある人に適している、宗教宗派は問わない、自然の一部として永遠の眠りにつくこと、費用面での負担が少ないなどたくさんあります。

    そして、遺族がその大自然の海や山を見た時、心が洗われる思いと同時にその故人を偲び、心を癒すことができるということで、遺族側からも希望する方は多いです。遺骨をどんな葬法で送ろうとも、心と心のつながりはかわりません。

    一生懸命生きた証を故人や故人を偲ぶ遺族が散骨という形にするという決断は、ファンタスティックでもあり、自由度が高く、現代に合っているものとして人気が高まっています。



  • 身になる知識

    • 散骨とは樹木葬、宇宙葬などと並ぶ自然葬の内の一つです。死後、自然に還りたいという方が選ぶ方法のうちの一つです。...

  • おすすめ情報

    • 近年、日本でも自然葬が注目されるようになってきました。自然葬を選択すれば戒名やお墓の管理などが一切不要で、自然に還ることができることが最大の魅力です。...

  • ためになる情報

    • 故人の遺志と希望を大切に散骨を行う遺族は年々増加しています。生前に故人の希望を聞いていない場合は、遺族間で話し合いをすることが大切です。...

  • 学びたい知識

    • 散骨が増えている背景には現代ならではの理由があります。高齢化、少子化、核家族により、実際問題としてお墓を維持、購入することを選ばない人がふえています。...